投資は難しい分析能力を知らずとも、損をするのを防ぐことは初心者であっても可能です。ポイントは「無茶をしない」ということです。当たり前のことと思うかもしれませんが、多くの投資家が投資先や投資手段の選定、投資ルールの不徹底で失敗します。自分自身の知識と資金を客観的に分析して、堅実な運用をしましょう!

投資のコツのイメージ

投資を始める前には、リスクをしっかり理解することが大切です。
誰もが損をすることを考えて投資を始めるわけではありませんが、最悪の場合どうなってしまうのかということをよく理解しておかなければ投資を初めて考えていなかった場面に出くわしてしまった時に、大きな痛手を負ってしまう恐れがあるためです。
例えば投資の代表としてまず上がるのが株ですが、これは現物取引とよばれる取引に限っていえば購入した銘柄の企業が、倒産や上場廃止になって株価が0になってしまうということが最大のリスクとなります。
株価が0になってしまうようなことがあっては困ると思うかもしれませんが、最悪の場合でも0にしかならないというのは計算がしやすくリスク管理がしやすいものです。
最悪0になるかもしれないと思って投資をするのと、0になるはずがないと思って投資をするのとでは実際にそのような場面になった時の影響というのは違いますから、最悪0になるかもしれないというのはリスク管理がしやすく取引をしやすいのです。
しかし、信用取引とよばれる証券会社からお金を借りて取引をするスタイルでは0どころか、マイナスにでもなってしまう恐れがあります。
自己資産の3倍の金額まで動かすことができますが、万が一全力で売買をしている時に大きな材料が出て思惑と逆方向に動いた場合一瞬にして、大きな借金を背負ってしまう事も有り得るのです。
通常は最低限の保証金を割った時点で、ポジションを強制決済されるのですが大きな材料が出た時には注文がすぐに成立することなく保証金を割って更にマイナスになった時にようやく決済されるということもあるため、信用取引では最悪の場合借金を背負ってしまうこともあります。
このように取引方法の違いによっては、リスクが大きく異なってきますからリスクを知ることが大切です。